「最近ほうれい線が目立ってきた」
普段どんなにスキンケアに気を配っていても限界があります。
そこでオススメなのがメスを使わないプチ整形のほうれい線治療です。

 

「整形なんてお金もかかるし、失敗したらどうしよう」
整形に対して良いイメージを持たない方や不安を感じる方も多いでしょう。

 

でもプチ整形ならそんな心配もなく、注射1本で悩みを解消できるんです。

 

この記事では

  • 岡山にある美容外科クリニックのほうれい線治療費や情報
  • プチ整形でのほうれい線治療
  • ほうれい線治療の種類
  • ほうれい線治療をするときの注意点

このような内容をまとめました。

岡山の美容外科クリニック5院

品川スキンクリニック

 

岡山には美容外科とスキンクリニックが揃っており、肌の悩みから本格的な整形まで様々な要望に応えてくれます。

 

カウンセリングは無料、アフターケアの料金も治療費に含まれているので安心です。

 

ほうれい線 治療の料金(税別)

 

ヒアルロン酸注入

片側 930円
両側 1,840円

 

品川スキンクリニック 岡山院

【所在地】岡山市北区錦町6-1 両備ビル5F
【アクセス】JR岡山駅「東口」 徒歩約8分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

湘南美容クリニック

 

岡山駅すぐ近くの便利な立地です。

 

無料のカウンセリングやトライアル価格が設定されているなど、初めて訪れる方も気軽にお試しが可能です。

 

ヒアルロン酸は硬さや粘度が違う州種類を用意しており、用途によって使い分けられています。

 

ほうれい線 治療の料金(税込)
ヒアルロン酸注入 19,800円〜
ボトックス 16,200円
脂肪注入 81,000円

 

湘南美容クリニック 岡山院

【所在地】岡山市北区本町6‐30
第一セントラルビル2号館7階
【アクセス】岡山駅 徒歩2分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

エルムクリニック

 

シミ・シワ治療などのスキンケアやレーザー脱毛を専門とした美容皮膚科です。

 

ビデオチャットで無料のカウンセリングが受けられるオンライン診療を実施。

 

忙しい方や小さなお子さんがいる方なども気軽に相談できます。

 

ほうれい線 治療の料金(税込)
ヒアルロン酸注入 1本 54,800円〜

 

エルムクリニック 岡山院

【所在地】岡山市北区表町1丁目10-40
表町アルバビル5F
【アクセス】天満屋 徒歩1分
岡山ロッツから駐車場を越えて、スワロフスキーが入っているビルの5階
【診療時間】9〜18時

 

 

 

 

岡山中央クリニック

 

JR岡山駅から近く、とても通いやすい場所にあります。

 

クリニックの専用駐車場2台と周辺には多数のコインパーキングがあり、車での来院も便利です。

 

ほうれい線 治療の料金(税別)
ヒアルロン酸注入

0.1cc 5,000円
5ccまで入れ放題 200,000円

 

岡山中央クリニック

【所在地】北区奉還町1丁目2-1MKビル1F
【アクセス】JR岡山駅 徒歩3分
【診療時間】9時半〜19時

 

 

 

 

河田外科形成外科

 

保険診療と美容外科の両方の治療が受けられるクリニックで、美容に関するカウンセリングは無料です。

 

無料で停められる駐車スペースもあるので、車でお越しになる方にも便利です。

 

ほうれい線 治療の料金(税別)

 

ヒアルロン酸注入 1ml 80,000円〜

 

河田外科形成外科

【所在地】岡山市北区幸町4-12
【アクセス】JR岡山駅 徒歩10分西川緑道公園沿い
当院敷地内無料駐車場有 11台
【診療時間】平日9〜18時半
土曜9〜17時半

 

 

プチ整形でほうれい線治療

ほうれい線を解消する治療法にはいくつかありますが、その中でも手軽にできるプチ整形をご紹介します。

 

ヒアルロン酸注入

ほうれい線などのシワの下にヒアルロン酸を注入し、持ち上げることでシワを解消する治療法です。

 

ヒアルロン酸には優れた保水力があり、肌に潤いを持たせることができるため、美肌効果も期待できます。

 

注射をするだけの施術なので短時間でできて手軽なこともあり、

  • 涙袋を作る
  • 豊胸手術
  • 鼻を高くする…など
  • シワを改善する以外にも様々な用途に使われています。

     

    注入前にクリーム麻酔などで痛みを軽減する処置がされるので、痛みに弱いと言う方でも安心して受けることができます。

     

    ヒアルロン酸に麻酔成分を混ぜてあるものを使っているクリニックもあります。

     

    この麻酔成分でアレルギーが起きる方もいるので注意してください。

     

    ヒアルロン酸注入の主な特徴は…

     

    即効性がある
    ほとんど腫れないのでダウンタイムを必要としない
    メイクや洗顔は当日からできる
    修正ができる
    アレルギーを起こすことが少ない

     

    ヒアルロン酸は時間が経つと分解されてしまう物質です。

     

    効果を持続させるためには定期的にヒアルロン酸を注入する必要があります。

     

    しかし、もし注入後に気に入らない、やり直したいと思った時には修正が可能です。

     

    自然になくなるのを待つか、ヒアルロン酸溶解注射で元に戻すことができます。

     

    ヒアルロン酸はヒトの体内に存在する成分のためアレルギーが起きないとされていますが、まれにアレルギー反応が出る方もいます。

     

    痒みや腫れが続くようであれば、すぐ施術を受けたクリニックに相談してください。

     

    ほうれい線にヒアルロン酸注入をする時の注意点


    ヒアルロン酸注入はメリットの多い施術ですが、注意すべき点もあります。

     

    内出血

    注射針を刺す以上、どんなに腕のいい医師でも、多少なりとも内出血は起こります。

     

    寝不足など、体調不良の時に施術を受けると内出血しやすいので、健康管理は気を付けておきましょう。

     

     

    施術後は、血行が良くなる行動は控えてください。

     

    内出血が広がってしまう原因になります。

     

    • 激しい運動をする
    • 飲酒
    • 熱いお風呂に浸かる・長風呂をする

     

    入浴は当日からOKですが、温度を低めにするか、シャワーにしておくのが良いでしょう。

     

    運動はストレッチや移動のために歩くくらいなら大丈夫です。

     

    しこりができる

    何度も同じ場所に注入していると、しこりのような塊ができることがあります。

     

    ヒアルロン酸は体に害のない物質なので、そのままにしておいても問題はありません。

     

    もし気になるようであれば医師に相談して、ヒアルロン酸溶解注射で処置してもらいましょう。

     

     

    「効果が長持ちする」と銘打っているヒアルロン酸は、他の成分が混じっているため、しこりになりやすい傾向があるようです。

     

    医師によって仕上がりに差ができる

    注射をするだけの手軽な整形とはいえ、医師の技術力は必要です。

     

    正しい場所に適切な量のヒアルロン酸を打てなければ、重大な事故につながります。

     

  • 凸凹ができる
  • 効果がない
  • 皮膚が壊死する
  • クリニックのホームページなどをチェックして、信頼できる医師を選んでください。

    その他メスを使わないほうれい線治療

    自己多血小板注入療法(PRP)

    血液成分の一つ、血小板は成長因子という物質を出し、弱った細胞を修復・活性化させる働きがあります。
    この血小板の働きを利用してほうれい線などのシワを改善します。

     

    採取した血液の血小板だけを取り出し、治療する部分に注入します。
    血液は自分自身から採血したものなので安心です。

     

    注入した部分が腫れることもあるので、約1週間くらいのダウンタイムを考えておいた方が良いでしょう。

     

    高周波治療

    高周波を発生させる機械で、肌の奥に軽いやけどを作り、肌の再生能力を促す方法です。

     

    たるみ解消や肌のハリを取り戻すなど、肌の若返り効果は高いのですが、

  • 1回の施術費用が高額
  • 継続して定期的に施術を受ける必要がある
  • 使用する機械によって痛みを感じるものもある
  • いささかお手軽とはいい難い面があります。

     

    スレッド(糸)リフト

    注射針くらいの小さい穴から糸を挿入して、肌を引き上げたるみを解消する方法です。
    挿入する際の傷は小さく、抜糸いらずで跡も残りません。
    ただし、深いほうれい線の場合は効果がないこともあります。

     

    溶ける糸を使用した場合は約1年間の効果です。
    しかし、糸の影響で周囲の肌はコラーゲンの生成が促されるため、美肌効果はしばらく続きます。